2009年05月26日

ワインとチーズとパンの会vol.15『deRien』

P1000209.JPG 今月もやってきました ワインとチーズとパンの会るんるん
 今回のテーマは - イタリアンチーズパーティ -  わーい(嬉しい顔)
 
 ん?パーティですか? へぇ〜どんなんだろ?
 しかも募集時に お一人一品持ち寄って・・・とあったのですが
 やっぱり気軽に来て頂きたい・・・という意向に変わり
 持ち寄りは無しになりました あららw
 
実は・・・何?一品?! よっしゃー!と 張り切っていたごんべでしたわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)
今だから言うんですが チーズケーキ作って持って行こうって考えてたんですよー(^_^;
なにぶん当日は仕事なので 前日に作って置いておけますもんねるんるん
P1000210.JPG 
 到着すると ずらりと並んだお皿達
 チーズカットも既に終了済み
 ふむ・・・
 さて開始時間となりましたが 田村さんはお迎えで
 向洋駅にいらっしゃるとの事
 ですが・・・ 先に始めましょう〜・・と(笑)
 P1000213.JPG

・・・で何故か  乾杯の音頭をごんべが取るハメにあせあせ(飛び散る汗)
それではともあれ乾杯〜 るんるん
乾杯のワインは赤のスパークリング
へぇ〜赤の泡物って初めてかも?
これがなかなか美味しゅうございますわーい(嬉しい顔)
P1000212.JPG 
 あ・・・紹介する順番が
 逆になってしまいましたが
 乾杯の前にチーズの勉強会でしたあせあせ(飛び散る汗)
 はい お気付きになりました?
 実は今回は初の立食パーティです
 少しでも多くの人に参加して頂きたいとの事での試みだそうです
 休憩用に外にテーブルと椅子もあります

 
それでは今回のチーズの紹介ですわーい(嬉しい顔) 今回のメインチーズのモッツァレラから紹介します〜手(チョキ)
■モッツァレラ・ディ・ブーファラ・カンパーニャ (水牛乳) イタリア・カンパーニュ州
結構お馴染みなフレッシュチーズだと思いますが・・・P1000216.JPG
今回牛乳と水牛乳 それぞれで作られたモッツァレラチーズを
贅沢にも食べ比べてみます 
水牛乳の方が脂肪分が高く甘くミルキーな感じ
写真の左端が牛乳、真ん中が水牛乳
ちなみに右端は次に書きますが ペコリーノ ロマーノです
モッツァレラはパスタフィラータ製法で作られるチーズで
意味はパスタ(生地)フィラータ(糸状に裂ける)との事
因みにモッツァレラの語源は製造過程での
「ちぎること」という意味があるんだそうですよ
トマトとバジルを使ったカプレーゼは結構メジャーな料理ですが
モッツァレラを薄切りにして山葵醤油をかけて仕上げにエキストラバージンオイルをかけるexclamation&question
これが意外にも和風っぽくて美味しいらしいでするんるん 今度試してみよっとわーい(嬉しい顔)
■ペコリーノ ロマーノ (羊乳) イタリア・サルデーニャ州
イタリア最古と言われる 加熱圧搾で作られるチーズです
乾塩を擦り込むか塩水プールで作られるので濃厚でかなり塩辛いのが特徴
削って料理の味付けに使うのが一般的だそうですね
P1000211.JPG
■ビット24ヶ月
 (牛乳) イタリア・ロンバルディア州
数あるDOP(原産地名称保護制度)の中で最も希少価値の高いアルプスのチーズ
伝統牛のブルーナ・アルピーナの全乳を使い半加熱圧搾で作られます
夏の間たった数十件の農家でしか作られないのでイタリアでも高額で取引されているとの事
■ロビオラ フィア (山羊乳) イタリア・ピエモンテ州
木苺やタイム、イバラを食べたロッカヴェラーノ種の山羊から作られるソフトタイプのチーズ
イチジクの葉で包まれたのが特徴 フィアとはイチジクの葉の事を言います
■アリアリ (牛乳) イタリア・ロンバルディア州
クリーミーなチーズのマスカルポーネとブルーチーズのゴルゴンゾーラを交互に重ねて
層状にしたマイルドな味わいのチーズ (マスカルポーネ60%ゴルゴンゾーラ40%)
■リコッタ (牛乳) イタリア・ロンバルディア州
ふんわりと上品な口溶けとミルキーな甘みが特徴なフレッシュタイプのチーズ
リコッタとはラテン語の「二度煮た」という意味でチーズ作りが終わった後に残ったホエーに
新しい乳や生クリームを加えてもう一度煮て上に浮いた固まりをすくい籠に入れて作ります


P1000218.JPG P1000219.JPG P1000228.JPG
さあ〜パーティの始まりですよーるんるん しかも今回はごんべも含めて着物姿の人が3人もexclamation×2
P1000220.JPG P1000234.JPG P1000221.JPG
おっと田村さんも既に帰還していて再度乾杯しましたょわーい(嬉しい顔)  ふむ・・・勉強熱心ですね〜手(チョキ)

P1000237.JPG P1000242.JPG P1000224.JPG
盛り上がってまいりました〜るんるん ドリアンのパン美味しいっす揺れるハート  リコッタも美味しい〜わーい(嬉しい顔)

P1000244.JPG P1000250.JPG P1000247.JPG
立食形式はなかなか良いと思いますよるんるん 
座っていたらどうしても隣人の方としか話せないので交流がし難いですからねたらーっ(汗)
今回は多くの人とお話できて楽しかったです わーい(嬉しい顔)


さて・・・最後になりましたが 今回登場したワインの紹介です
P1000248.JPG P1000222.JPG P1000229.JPG
カ デル ボスコ フランチェコルタ キュヴェ プレステージ
産地:ロンバルディア フランチェルコルタDOC 品種:シャルドネ75% ピノビアンコ10% ピ゚ノネロ15%
きめ細かく持続性のある泡立ち 繊細なブーケと特徴的はイースト香が混ざり合った
トロピカルフルーツの香り パーフェクトな酸のバランスが全ての風味をまとめあげ
長い余韻を最後に至るまでそのハーモニーが持続します
■ピッコロ エルネスト ガヴィ デ ガヴィ
産地:ピエモンテ ガヴィDOC 品種:コルテーゼ
緑がかった黄白、藁色で透明感が高く輝きがある 香りは青リンゴのニュアンスが現れ
他に洋ナシやスイーティなどを連想する 爽快感のあるスッキリした香り
今年は例年に比べてフルーツ味がより豊かでふくよかな印象らしいです
■ツアニ ヴィーニュ コッリオ ビアンコ
産地:フリウリヴェネツィアジュリア コッリオビアンコDOC 
品種:ソービニオン25% シャルドネ25% フリウラーノ25% ピノグリージョ25%
4種の遅摘みした完熟葡萄のみを厳選し
果実味を生かした爽やかながらも舌触り滑らかな気品ある白ワイン
P1000241.JPG P1000243.JPG P1000246.JPG
■フェウディ ディ サン グレゴリオ ”クティッツイ”グレコ ディ トゥ−フォ
産地:カンパーニア グレーコ ディ トゥーフォDOCG 品種:グレコ ディ トゥーフォ
輝きのある濃い黄金色 しっとりとした粘性を持ちミントやバニラのニュアンスと
桃や洋ナシのようなふくよかな香り 
心地よい酸味とボリュームあるアルコール感が印象的 余韻が長く続くエレガントなワイン
■エンツォ ボリエッティ ドルチェット ダルバ ”ティリネリ”
産地:ピエモンテ ドルチェットダルバDOC 品種:ドルチェット100%
カベルネは葡萄の持つパワーが引き出されて特有のベジタブルっぽいニュアンス
そして何よりも果実の凝縮感がいっぱい 味わいは濃厚でパワフル
メルローはカベルネに比べてやや繊細な印象 その分複雑さを香りと共に感じられ
なめらかでやわらかい しかし凝縮された味わい
■エンリコ サンティニ ポッジオ アルモロ
産地:トスカーナ ボルゲリDOC 品種:サンジョヴェーゼ30%カベルネソービニオン30%メルロー30%シラー10%
真のボルゲリの生産者エンリコサンティニ 自らワイン造りを手がける職人気質のオーナー
自身の信念に基づき環境に配慮した有機栽培を行っている
サンジョベーゼにカベルネ等を配した力強い味わい
P1000215.JPG ■カビッキオーリ ランブルスコ ロッソ アマービレ
 産地:エミーリアロマーニャ ランブルスコグラスパロッサデDOC
 品種:グラスバロッサ85% フォルターナー・マルボジェンテーレ15%
 カビッキオーリはガンベロロッソで好評価
 ルビー色の美しい色調と新鮮で馥郁とした香気に満ち
 程よいコクと甘さがあります 微発泡
 今回乾杯の時に頂いたワインです


いやあ・・・またしても酔い子になりましたあせあせ(飛び散る汗) 
美味しいワイン飲むんですもん 酔わなきゃソンソンわーい(嬉しい顔)
そういえば・・・ドリアン八丁堀店の話題もちきりでしたね〜るんるん





 
 Boulangerie deRien
次項有http://www.dorian.jp/index.html
広島市南区堀越2−8−22
電話082−285−3235
休み 月・火曜日

 ■これまで参加させて貰ったワインとチーズとパンの会■
2009/04 vol.14 ロックフォールと南フランス羊チーズ
2009/01 vol.13 チーズフォンデュ鍋パーティ
2008/12 vol.12 シャンパーニュと供に
2008/11 vol.11 ジェランで山のチーズと一緒に
2008/09 vol.10  ノルマンディとロワールのチーズ・ワイン
2008/05 vol.08  ロワール地方とブルゴーニュ地方
2008/04 vol.07  フランス ロワールとアルザスのチーズとワイン
2008/03 vol.06  イタリアのチーズ&ワイン
 
  
 

posted by ごんべ at 00:00| Comment(12) | TrackBack(0) | 着物deグルメ? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あぁ、ランブルスコの赤発泡は良いですよねぇ^^
わたしは甘めのものを飲んだことがあるんですが、甘味の中にもタンニンが感じられて、
冷たいうちでも美味しいし、少し常温になってきても楽しめました。

しかし。。。ドリアン会。。。予定が合って行けるのはいつのことだろうか。。。(´・ω・`)
Posted by 蛇足 at 2009年05月26日 16:33
■蛇足さん■
ランブルスコ良かったですよー(^^)
予定を最優先にしなくっちゃ無理なんでないかい?(^_^;
Posted by ごんべ at 2009年05月26日 16:43
ワインの会で初めてお目にかかって嬉しかったです。
美味しいチーズと味わい深いワイン、そんでもってドリアンさんのパン、
更に楽しい会話で魔法にかかったようでした。
あまりにも 心地よかったので 家への道 久々に主人と手を繋いで帰りました。
デートしちゃった気分です。

また、会えると良いなって思ってます。
ありがとうございました。 
Posted by のん at 2009年05月26日 18:00
■のんさん■
昨夜は楽しかったですね〜
毎回あんなもんだから 常に参加したいと思ってマス(^_^;
またお会いしましょう(^^)
Posted by ごんべ at 2009年05月26日 18:15
お着物の一人です。
初めてのドリアンのワイン会でしたが、美味しくて楽しくて時間があっという間でした。
終電の都合で、慣れてきたところで帰る時間になってしまい、あまり話せなくて残念でした。
最後のワインも飲めなかったし(泣)
また次回も参加できたら、今度は着物話を聞かせてくださいね!
Posted by ユウ at 2009年05月26日 19:24
こんばんは。
先日はやっとお話できて嬉しかったです☆
やっぱり立食形式だといろいろな方とお話しやすくて良いですよね。
またご一緒できるようドリアンHPチェック頑張ります(笑)
Posted by rin at 2009年05月26日 22:37
今回は用事があっていけなかったのですが、立食&チーズ料理で物凄く満足感が高そうでしたね〜。
ブーファラは当然美味しいだろうし、ランブルスコ評判良いですね〜。
来月は行きたいなあ〜。HPチェックしなければ。
Posted by みかん at 2009年05月26日 23:37
三原から参加した者です。
いや〜、楽しかったですね!
今回はごんべさんの奥様にもお会いできラッキーでした。
写真もとても美しい〜。
楽しかった時間が脳裏によみがえります♪
これで会費が3,500円なんていいのかしら?
またお会いしましょう!
Posted by kayo at 2009年05月27日 08:16
■ユウさん■
今回ドリアンに入った瞬間
おお!和服美人さんがあ〜〜〜♪と喜んでました^^
着物いいですよね〜(^^)
終電が残念でした 次回また楽しみましょお(^_-)-☆
Posted by ごんべ at 2009年05月27日 09:52
■rinさん■
いやいやいや こちらこそ有難うございました
お話できて楽しい時間を過ごさせていただきました(^^)
次回の参加 お互いがんばりましょお〜♪
Posted by ごんべ at 2009年05月27日 09:53
■みかんさん■
毎回毎回とても楽しませて貰ってますw
立食は動けるので楽しいですね
ワインと料理にも大満足でした 次回はお会いしましょお〜^^
Posted by ごんべ at 2009年05月27日 09:55
■kayoさん■
三原からお疲れ様です〜
でもその価値は充分にあったと思われます♪
ワイン、チーズ、ドリアンのパンに料理
あれだけ食べれてあれだけ楽しめてその値段は安すぎですよねぇ(笑)
感謝感謝です
また楽しみましょうね〜^^
Posted by ごんべ at 2009年05月27日 09:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。