2008年12月02日

ワインとチーズとパンの会スペシャルvol.11『deRien&ジェラン』

前回残念ながら参加できなかったワインとチーズとパンの会 今夜はスペシャルでするんるん
なにがスペシャルかというと今回はフランス料理店ジェランとのコラボレーションexclamation×2
        『ジェランで山のチーズと一緒にの巻』にてござそうろう〜

   おおおおおおっ! ヽ(@o@)/
以前ちょこっと屋さんで飲んでいた時 ジェランのオーナーさんが
ドリアンの田村氏と一緒に来られていて偶然お会いした事がありました
その時ごんべの第六感が このお店は美味いぞ!と感じておりました
 081130_1850~01.JPG 
 ふっふっふ・・・・・
 行かないわけがないじゃないですかー
 こんな楽しい企画見逃す手はありません♪
 仕事を終えて 会社でソッコーで着物に着替えて(^_^;
 やって来ましたよ ジェラン
 今回の参加人数はいつもの倍の30名〜
 


19:03・・・参加者全員集まりました いよいよ始まりますよー
今回は恒例のチーズカット大会は無しのようですね 既にカットされてましたw
081130_1924~01.JPG 081130_2006~01.JPG 081130_2031~01.JPG
今回のチーズのテーマは「山のチーズ」ですわーい(嬉しい顔)
コンテ・オーガニック[8ヶ月熟成]&コンテ・リザーブ16+[16ヶ月熟成] (牛乳) フランス フランシュ・コンテ圏
 フランスAOCチーズの中ではダントツの生産量を誇るハードタイプのチーズ
 熟成段階で ヘーゼルナッツ、チョコレート、キャラメル、栗、はたまたコーヒーと
 熟成につれて深まるコクが楽しいチーズ
モンドール (牛乳) フランス フランシュ・コンテ圏
 AOC規定により8月15日から3月15日までの製造期間が限られているウオッシュタイプのチーズ
 樅ノ木の樹皮で巻いて熟成させているのがポイント トロっとした食感とコク 
 チーズの真珠と賞賛されており 蒸かしたジャガイモにたっぷり乗せたらサイコー♪
ボーフォール ダルパージュ (牛乳) フランス ローヌ。アルプ圏
 ダルパージュはD'ALPAGEと書き、アルパージュは夏期山岳高原放牧という意味
 一つの群れから搾取した牛乳のみを使い 1500m以上の山小屋で造られるのが特徴
 高原植物の花を噛んだ牛のミルクで造られた風味豊かで奥深い味わいのハードタイプ
カンタル アントル ドゥ (牛乳) フランス オーヴェルニュ圏
 カンタルの山々で2000年も前から造られてきた歴史のある非加熱圧搾の大型チーズ
 じんわりと素朴でねっとりした食感 素朴なナッツ香をお試しあれ
プチ アグール (羊乳) フランス アキテーヌ圏
 ピメント(唐辛子)を周りに塗って熟成させている非加熱圧搾タイプのチーズ
 アグールは会社名で伝統製法を守り 地元の羊のミルクで造ることがポリシー
 ブラックチェリーやハチミツとの相性がバッチリ ジロールで削って召し上がれ(写真右)
ルエル (山羊乳) フランス ミディ・ピレネー圏
 ルエルとは「輪っか」の意味 酸味と塩分控えめできめ細かくミルキーなシェーヴルタイプ
 外側にはうっすらと灰がまぶされています
ロックフォール オーガニック (羊乳) フランス ミディ・ピレネー圏
 フランスで最も古いチーズの一つ フランスブルーチーズの最高峰と讃えられ
 ねっとりと濃厚な組織に美しく広がる青カビと羊乳のコクが微妙な味わいを生み出しています
ひらめきMEMO 「オーガニックチーズとは」
@動物達はなるべく外で飼育される
A最低でも95%はオーガニック認証を取得した飼料を与えられた動物のミルクで造られる

わーい美味しいチーズが盛りだくさんるんるん
実は今年はモンドールにハマってるごんべですわーい(嬉しい顔)

081130_2128~01.JPG 081130_1852~01.JPG 081130_1928~01.JPG
みんな無我夢中ですねー おっ!今回はごんべ以外にも着物の方がいらっしゃいますよー 
チーズを楽しだり フードを楽しんだり パンを楽しんだり 会話を楽しんだり
何度かお顔を合わせた事のあるお方や初めてお会いできた方
色んな会話でとても楽しい時間です
081130_1923~01.JPG 081130_2027~01.JPG 081130_1939~01.JPG

081130_1924~02.JPG 081130_2033~01.JPG  ジェラン ビュッフェフードわーい(嬉しい顔)
Pate de campagne 
 豚肉の田舎風パテ
Salad croquette aux fromage et cepe 
 セップ茸風味のチーズクロケットと有機無農薬野菜のサラダ
Huitre KOMACHI
 大黒神島より直送の生牡蠣‘かき小町’
Brandade
 タラのブランダード
Ragout de Gigot d'Agneau et Riz d'Agneau
 仔羊もも肉と胸線肉の煮込み

く〜たまりませんねー どれも美味しい〜 
こりゃあ今度落ち着いて食事しにこなくっちゃわーい(嬉しい顔)
 
081130_1927~01.JPG 081130_1953~01.JPG
ルイ・ブイヨ クレマン ド ブルゴーニュ ペルル ド ヴィーニュ
 (ピノ ノワール80% シャルドネ20%) ブルゴーニュ
 ルイ・ブイヨ社がシャンパン方式で造る「葡萄の真珠」という名のシャルマン
 アーモンドやトーストの香りとほど良い酸味が魅力的
奥出雲葡萄園 シャルドネ07
 (シャルドネ) 島根県雲南市木次町
 タンクで醗酵後 樽で9ヶ月の熟成 バターやハチミツ、熟成したフルーツやナッツの香りと
 時間の経過と共に様々な香りが楽しめるコクがあり食事と共に楽しみたい白ワイン
Dプリウレ サンクリストフ ルーセット ドゥ サヴォワ04
 (アルテス[ルーセット]) サヴォワ
 サヴォワの気候風土テロワールを表現するワインを目指したワイン 
 自然派を主張しすぎた味わいでなくサヴォワの葡萄本来の上質な果実味を素直に表現したワイン
ル マゼル ロゼ ペルラン
 (カリニャン100%) コート デュ ローヌ VDT
 自然派ワインを語る時欠かせない存在 自然のままゆっくり醸造
 高樹齢カリニャンの旨みが溶け込んだ美しい喉越しのピンクゴールドの微発泡ワイン
Dクルビザック ミネルヴォワ ラ リヴィニエール03
 (シラー50% グルナッシュ40% カリニャン&ムールヴェードル10%) ミネルヴォワ
 地葡萄を土地の味わいを引き出すビオディナミ農法で育て自然に醸造 
 小さな果実味を思わせる甘い香りと力強く優しい味わい
ビュルク エ フィス カオール”シャトー ピレネ”04
 (マルベック85% メルロー15%) シュド・ウェスト
 カオールでトップクラスの評価を得ているシャトーピネレ 樹齢の高い葡萄が多く
 コクと複雑味のあるワインを生産 のびやかな果実味のコクと力強さが感じられる
Dマラヴィエイユ コトー デュ ラングドック ペルミアン ルージュ
 (カリニャン75% グルナッシュ15% シラー10%) ラングドック
 オーガニック農法に信念を持ち 一度も殺虫剤を撒く事をせず 
 ワインを造り続ける限り有機農法で葡萄を育てて行きたいと自然を愛する人達が造るワイン
プロデュクトゥール プレモン パシュランド デュ ヴィク ビル ”コレクション・プレモン”ブラン モワルー
 (グロマンサン プチマンサン アルフィアック プティクリュビュ) シュド ウェスト
 過熱させた葡萄を収穫を遅らせ(10月末〜11月初旬)やや乾燥した状態で摘み取って得られる
 濃厚な果汁を使用 樽で8〜10ヶ月熟成し更に瓶熟をさせて出荷される

いいよいいよー ワイン最高です
そういえば聞くところによると ここジェランでは立ち飲みも愉しめるそうですねわーい(嬉しい顔)


もうね・・・何も言う事はありませんねわーい(嬉しい顔)
これだけのワインと これだけのチーズと たくさんのドリアンのパン
愉し過ぎまするんるん 美味しすぎまするんるん 
ワインとフードとパンのマリアージュが無限に広がります揺れるハート

なんだかね〜 色んな方ともっと話がしたかった〜 もっと時間があったらな〜 と
とはいえ結構遅くまで楽しませて頂いたんですけどね お店出たの何時だったっけ?あせあせ(飛び散る汗)

あの愉しさを言葉でどう表現していいのか分かりませんあせあせ(飛び散る汗)
今こうしてBLOGを書いていても あれは夢だったんだろうか・・・?っていうくらいです

ジェランの山本さんをはじめ ジェランスタッフの皆さん・・・
ドリアンの田村さんをはじめ ドリアンスタッフの皆さん・・・
村井さんと愉快な仲間達の皆さん・・・
そして参加された皆さん・・・ 
とても楽しいひと時をありがとうございましたわーい(嬉しい顔)



main2.gif ジェラン
 広島市中区幟町7-28
電話082-228-5660
休み 月曜日
次項有http://willserver.com/r_gerant/index.html



Boulangerie deRien
広島市南区堀越2−8−22
電話082−285−3235
休み 月・火曜日
次項有http://www.dorian.jp/index.html
 

 ■これまで参加させて貰ったワインとチーズとパンの会■

2008/09 vol.10 ノルマンディとロワールのチーズ・ワイン
2008/05 vol.08 ロワール地方とブルゴーニュ地方
2008/04 vol.07 フランス ロワールとアルザスのチーズとワイン
2008/03 vol.06  イタリアのチーズ&ワイン

 

 
posted by ごんべ at 01:06| Comment(8) | TrackBack(0) | 着物deグルメ? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうもです!
早々かつ充実の「ワインとチーズとパンの会」レポート、とても楽しく読みました!感謝!です。
いや〜、あの夜の嬉しい記憶が蘇ってきました。ワインやフードが美味しかったのはもちろん、会話も楽しかったですね〜。
スタッフの方々、そして同じ空間に過ごすことのできた参加者の皆さんに心より感謝!です。
Posted by desafinado at 2008年12月02日 20:33
■desafinadoさん■
楽しかったですよね〜
面白かったですよね〜
良かったですよね〜
美味しかったですよね〜
それしか言葉が思い浮かびませんよー(汗)
Posted by ごんべ at 2008年12月03日 02:35
ジェラン大好きです。ここによく行く友達から、教えてもらいました。
一番好きなお店かもしれません。と言っても、2回しか行ったことないんですけどね。
ジェランで出てくるものって全部美味しい!
Posted by mamako at 2008年12月03日 07:51
■mamakoさん■
既に2回も行かれたのですね
羨ましい〜
ごんべも負けずにw行かなくちゃ♪
Posted by ごんべ at 2008年12月03日 09:22
はじめまして!
ジェラン、すごい気になってました。
おいしそ〜〜〜〜♪
ブログ記事見てるだけで
お腹いっぱいになる感じ!(*^^*)
私も行ってみたいです〜。
また、遊びにきま〜す!
Posted by ももくまちゃん at 2008年12月03日 20:51
■ももくまちゃん■
はい!はじめまして(^^)
今回はまだジェランのポテンシェルを
垣間見たに過ぎませんウンウン
ごんべもまた行ってみたいでーーーす
また遊びに来てね〜^^
Posted by ごんべ at 2008年12月04日 01:44
奥出雲のメルローを先日飲んだけど、自分の保存が良くなかったのかなぁ。
短時間で変化し過ぎの気がした。

それと、グラスによって味わいが変わる事も解った。
一度、グラスを変えて飲んでみると良いよ。

ポテンシェルってナニ?www
Posted by 俺w at 2008年12月04日 21:55
■俺さん■
ワインって冷暗所で温度管理してたら
そうそう変らんじゃろ?ドコに保存してたんだあ?
グラスの違いは全然違うね〜
あれは10年くらい前かな? ワインセミナー?でソムリエさんに
教えて貰ってビックリしたよー
Posted by ごんべ at 2008年12月04日 23:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。