2009年02月01日

夜の街

1月も最終日・・・
月の中頃に風邪ひいちゃって 風邪自体は直ぐに直ったのですが090131_2015~01.JPG
急性気管支炎をやってしまい咳が抜けないごんべですふらふら
おとなしくしてる分には良いのですが・・・話したりするとコホンコホンあせあせ(飛び散る汗)

・・・なのでここんとこ暫くは家でおとなしくしておりましたが
昨夜はGOLDEN GARDEN 祝!2周年という事でちょいと顔を出してきましたよ
お店に着くとおやおやこれはこれは蛇足さんがチビチビと飲んでおりました
いやいやお久しぶり〜 ダメじゃん折角ウールの着物持ってんだから着なくっちゃ〜w
でも1杯奢ってくれたんで良しとしましょう(笑) ご馳走さまでしたるんるん
ハズレ無しのくじはコースターが当りましたねわーい(嬉しい顔) 画像参照w
三次ベッケンビール  ヴァイツェンセントベルナルデュスアブト  常陸野ネストビールエクストラハイ
どれも美味いっすビールわーい(嬉しい顔)揺れるハート

GOLDENGARDENを後にして 次のお店へ向かうごんべデス(笑)
昨年はジェランというフレンチで立ち飲みが出来るお店を見つけたんで
今度のお店はイタリアンで立ち飲みが楽しめるお店です  
ハイexclamation立ち飲みが好きなごんべです わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)
だってね〜 一人でも行きやすいんですもん テーブル席で一人だとやはりちと寂しいたらーっ(汗)
一緒に行って下さる方 随時募集中ですわーい(嬉しい顔)
では扉を開けて・・・ お店の中へ・・・ 


いやあ〜堪能堪能〜 久しぶりに夜の街を楽しんでおります 
さて・・・と もう一軒寄ってみますか〜 今日は計画通りに事が運んでおりますね(笑)

エレベータで6階まで上がって 扉を開ける・・・
こんばんわ〜と訪れたのは昨年からちょこちょこ寄らさせて頂いておりますBarUsquebaughですバー
カクテルはさっきGOLDENGARDENで蛇足さんと話していたブルームーンを・・・090131_2238~01.JPG
えぇバイオレットリキュールの紫色が落ちるんだよね〜って話してて (^_^;

2杯目は喉が気持ちいいですよーって
アマレットとジンジャーエールで作ってくれた・・・作ってくれた・・・名前なんだっけ?たらーっ(汗)
喉が気持ち良くて美味しかったデスバー
さてと・・・終電の時間が迫ってきましたので帰ると致しますか・・・
Artist's さん ごちそうさま

さてと・・・駅は・・・といいながら 足取りは別の方向へ・・・ (^_^;
いやあ〜久しぶりなもんで帰りたくなくって〜あせあせ(飛び散る汗)

・・・で 気がつけばDartsBarLINE広島店の扉を開けてましたねあせあせ(飛び散る汗)
はい 着物deダーツでするんるん ドリンクをオーダーしてGAME開始〜

いやあ〜やっぱたまには投げないとダメだなあ〜たらーっ(汗)
・・・でちょいと小腹も空いたので 今度はちょこっと屋へ・・・あせあせ(飛び散る汗)
やっぱ日本酒が恋しい季節ですね〜 
・・・っていうか なんでか無性にカキフライが食べたくなって (^_^;
カキフライと熟成鶏皮串をお願いして 白鴻の熱燗をクイっとるんるん そして華鳩竹鶴と続きます揺れるハート
相さん・・・ 髪短いと・・・ 男前じゃねぇ・・・ たらーっ(汗)



いやあ〜楽しみましたexclamation×2 すっかり酔い子の出来上がり〜 ( ̄▽ ̄)ノ_彡☆ばんばん
たまにはね・・・ ハメ外したいじゃないですか〜わーい(嬉しい顔)
posted by ごんべ at 00:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 着物deおでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Osteria e Bar LUDI

立ち飲みの気軽さって好きでするんるん090131_2144~01.JPG
フラっと寄って 
お店の方とちょいと話ながらクイっと飲む 
そしてスッと出る
何気にスマートっぽくない?


今回見つけたのはイタリアンの立ち飲みですわーい(嬉しい顔)

並木通りを百米道路に向けて南下していき
コンビニエンスストアの角を左に折れると入り口が見えてくるのが Osteria e Bar LUDI
店名は「気軽なバー ルディ」 か・・・ なるほど 
・・・っていうかOsteriaの意味知らないんで調べましたよあせあせ(飛び散る汗)

気になったお店は大概行く前に色々と調べてみるんですが
バーと名が付いてるわりにランチがえらく人気があるようですね〜 
それと野菜メニューがなかなか好評のようです
しかし夜の顔というか・・・バーの情報があまり無いので
まぁ こりゃあ行ってみるっきゃないな・・・と (^_^;
090131_2154~01.JPG
扉を開けるとそこにはカウンターがあります 
そこが立ち飲みのスペースになっていて10人くらいは屯できそうです
カウンターの中には女性スタッフが一人・・・
その隣の厨房には男性スタッフが二人・・・
奥にはテーブル席があり落ち着いて食事ができそうですね

「ミディアムの赤をグラスでお願いします」とオーダーすると
提供して下さったのがこちらのワイン MASTROです
イタリアの南ポンペイ辺りのワイナリーで
聞きなれない葡萄で醸しているようです なかなか美味っするんるん

それとフードも欲しいので 野菜のマリネニョッキを頼みました
ニョッキのソースはクリームソースとトマトソースどちらが良いかと店長さんに聞かれましたので
ゴルゴンゾーラのソースってあるんですか?と聞きますとありますよとの事 予習していった賜物ですなw
         090131_2151~01.JPG        090131_2204~01.JPG 


うんうんオリーヴオイルで食べる野菜が美味しー るんるんこりゃあ絶対食べんと〜 わーい(嬉しい顔)
珍しい野菜じゃけど何処で作っとってん?と店長に伺ったところ 
広島県内で育てられているとの事 一番手前の面白いのはブロッコリーの仲間だそうですわーい(嬉しい顔)

んで ゴルゴンゾーラソースのニョッキがこれまたワインに合って格別でごじゃります〜るんるん
・・・で最後の〆にオーダーしたのがこちらexclamation×2

       090131_2218~01.JPG
ん〜カワイイ揺れるハート バリスタの安野さんが作ってくれました〜 黒ハートも入れときますねってわーい(嬉しい顔)

いやいやワインもフードもお話も楽しませて頂きました〜
店長が気軽にぷらっと寄ってくださいねって言われましたので
ここには「ふらっと」でなく「ぷらっと」寄る事にしませう (^_^;
気軽なイタリアン ルディ 今度はランチもいいですね〜るんるん




thumbnail.jpg Osteria e Bar LUDI
 広島県広島市中区三川町5-15
 電話082-541-4648
 時計ランチタイム 11:30〜15:00(Close)
    ディナータイム 18:00〜22:00(L.O.)
   バータイム 22:00〜23:30(close)
      水曜休み
 

posted by ごんべ at 01:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 着物deグルメ? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月04日

mixiオフ 着物でごはん♪

節分です 翌日からは春でするんるん 暦の上では・・・あせあせ(飛び散る汗)
これから三寒四温ですね 春ももうすぐです ごんべの春は・・・ドコ?
090203_1858~01.JPG
・・・で、その節分の日に行われました 
mixi 広島・着物でおでかけコミュ着物でごはん会
え〜実際には節分は関係なく行われたんですけどね
そこはそれ 開催者の女性らしい気配りで
カワイイお面付きの豆が用意してありましたよ
年の数程頂きまーするんるん

今回はコミュの方から新しく参加された方が2名
どしどし参加して頂きたいものですね
さて今回はコース料理で飲み放題るんるん またしても乾杯の音頭をとらさせて頂いたごんべです (^_^;
090203_1922~01.JPG 090203_1929~01.JPG 090203_2004~01.JPG
090203_1949~01.JPG 090203_2016~01.JPG 090203_2031~02.JPG
着物の話や近況報告 いろんな話が飛び交ってますよるんるん090203_2042~01.JPG
090203_1955~01.JPG 
 豆に付いていたカワイイお面・・・
 帯止めの飾りにしてましたねーわーい(嬉しい顔)
 いつみても着物姿の女性はいいですね

 着る機会が無いとか 
 着ていく所が無いなんて言わないで
 普段着として着て頂きたいものですねわーい(嬉しい顔)

楽しく飲んで話して時間は過ぎていきます〜 えっ?もう時間? 
いつもの事ながら時の経つのは早いものですたらーっ(汗) では次の会も楽しみにしてますよーわーい(嬉しい顔)




090204_0959~02.JPG
 MEXICAN DINER Graffity
 
広島市中区袋町6-4 4F
 電話082-243-3669
 時計11:30〜14:00 18:00〜25:00








良い子の皆さんは会が終わると帰宅されたようーで・・・
酔い子のごんべは・・・・・あせあせ(飛び散る汗)         
                                               つづく

posted by ごんべ at 00:20| Comment(6) | TrackBack(0) | 着物イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月05日

茶論一七〇八 こまつ

いつもの様に情報を求めてBLOGチェック・・・
と或るBLOGでふと目に飛込んできた文章・・・
    夜は夜で美人スタッフが美味しい酒肴と日本酒・焼酎、
    そして美味しいお茶でもてなしてくれるこのお店、 
    清く正しい日本男子が一人飲みするにもおすすめです!

ほぉ・・・ このお店・・・ 知らなかったわけでは無い・・・
・・・が、未だ行けていなかったお店の一つ (^_^;

清く正しい日本男子としては そりゃあ行っとかにゃあいけま〜わーい(嬉しい顔)

着物でごはんの会が終了した後 一人になり足を運んでみる・・・
090203_1527~01.JPG  090203_1820~01.JPG  090203_2158~01.JPG  090203_1530~01.JPG
見つけないでと言わんばかりにひっそりと・・・隠すように看板がある
2階に上がると まるで入店を拒否するかのように狭く薄暗く
極めつけは暗証番号を入力しないと開かない扉・・・
090203_2208~01.JPG
極秘に仕入れた情報を元に暗証番号を打ち込む・・・すると扉は開かれた
茶室をイメージして入り口はとても狭くなっている
薄明かりの店内はカウンター席と小あがりの席で構成されている

着物に身を纏った美人スタッフがカウンターに案内してくれる
席に着き メニューを見る
日本酒、焼酎をはじめ 
梅酒、果実酒、シャンパン、ワイン、ウイスキー、カクテルと
一通りは楽しめるようだ
料理はおばんざい、酒の友、甘味、お茶漬け、おでん・・・と揃っている
090203_2207~01.JPG
頂いたのは日本酒 勿論燗酒 
広島備後の銘酒 天宝一を一合・・・
肴には広島牛のすじポン酢を頼んだ・・・
090203_2212~01.JPG090203_2209~01.JPG
落ち着いた空間がなんとも心地良い

厨にいらした美人スタッフが話しかけてくれる
こちらも着物を着ているので 自然と着物の話題になる
広島きもの遊びのS井さんってご存知ですか?と聞かれる
ええ存じておりますよと答える う〜むS井さんやはり有名人だw
どうやら彼女も着物好きさんのようだ・・・
最近参加できてないんだけど 
2年前かな〜クリスマスパーティとか参加していたんですよ・・・と

温かい日本酒と肴 暖かい言葉でゆっくりと時間は流れていく
まさに隠れ家的な大人の空間を感じさせる

〆にはやはり抹茶だろう・・・ 濃い抹茶と普通の抹茶があり 濃い〜〜のをお願いした 
090203_2253~01.JPG 
 和服姿の女性スタッフが目の前で点ててくれる
 いつも思うのだが和服を着ての所為は 
 なんとも美しいものだ 心が和む

 トロトロのこい茶を飲む 〆にふさわしい味わいだ
 とはいえこのとろみだと全て飲めないので
 これに湯を足してくださり 最後は普通の抹茶として頂いた

ごちそうさま  そういってお勘定を済ませる間、 話相手になってくれたスタッフが
もしかしたら着物でお会いするかもしれませんね といい乍自己紹介をして下さったので
こちらも 「ごんべと言います本名は○○です・・・」と
すると・・・「えっ?ごんべさん? 私知ってます! 多分知ってますよ!」と
何処でご存知になられたのか 少々気にもなったが
勘定を済ませた後で 話こむのも野暮なので 
ちょっと照れながら「そうですか またお会いできるのを楽しみにしています」と答えた

うん・・・まさしく清く正しい日本男子が一人飲みするにはうって付けのお店だな


090204_1436~01.JPG 茶論一七〇八 こまつ
 広島市中区堀川町5-7
 電話082-246-4340
 時計12:00〜15:00 お昼はお茶や軽食が楽しめるようです
   18:00〜26:00 
   日曜はお昼営業のみ

 ひらめき暗証番号を知らなくてもインターホンを押せば扉は開きます(^_^;

.
posted by ごんべ at 21:49| Comment(4) | TrackBack(0) | 着物deグルメ? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月08日

会津木綿

会津木綿(あいづもめん) 福島県会津若松市で織られている綿織物。
会津青木(あおき)木綿(河沼(かわぬま)郡会津坂下(ばんげ)町青木)も
同様な織物であるが、地名をつけ区別している。
1643年(寛永20)保科正之(ほしなまさゆき)が会津藩主となり、
殖産興業の一つとして奨励するが、幕末には衰退した。
明治初期には紡績糸を使用することで再興し、
第二次世界大戦前まで地場産業として盛んであった。
2006年(平成18)現在では、わずか2つの工場を残すのみであるが、
天然藍(あい)と割り建て(藍玉または(すくも)に
インド藍か人造藍を混ぜて行う発酵建て)により
素朴な縞(しま)、紺無地を織り出している。       - Yahoo百科事典より引用 -

会津・・・福島県の木綿ですね 
福屋八丁堀店において福島県の物産展が催されているというので(2/5〜10)行ってきたるんるん
会津木綿にはまだ触れた事が無いので どんな感じが見てみたかったんですよわーい(嬉しい顔)

090207_1852~01.JPG 090207_1850~01.JPG 090208_0927~01.JPG
色々な縞柄のシャツなどが販売されておりましたが 気になるのは反物で・・・(^_^;
縞柄37cm×12mで7350円  無地で8400円  藍染め物は1万6千円超えてたかな?
う〜む なかなかええ感じではありますね〜
金額的にもそんなに高くないし・・・というか安いですね これより安いといえば
館林木綿・・・かな? 普段着にはもってこいかもな〜   と結構悩んだんですが
とりあえず今回はハギレを買っておきました 巾着袋でも作るかな?
・・・って 久留米絣のハギレもまだ買ったまんまだしあせあせ(飛び散る汗) 反物は10日の夕方まで悩むとするかわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)



あ〜時間が無かったので福島県物産展自体はあまり回ってないんだけれど
純銀を使った煙管とか〜 会津下駄とか〜 桐の箪笥とか〜 漆器とか〜
いろいろ楽しめそうですね 食べ物のほうは・・・全然落ち着いて見れんかったふらふら
090207_1900~01.JPG 090207_1901~01.JPG
.
posted by ごんべ at 10:56| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月09日

三国窯

090209_1534~01.JPG 中国自動車道を新見ICで降り・・・車は更に山奥へ・・・車(RV)ダッシュ(走り出すさま)
 岡山、広島、島根の三県のまたがる三国山の麓に在る
 備前焼の窯元・・・三国窯
 春と秋の年に二回 登り窯で焚かれる窯入れに合わせて
 年に一度・・・  訪れ始めて6年になるのかな?
 陶器は大好きです 特に焼締めで造る備前焼は
 最も好きな焼き物だろう
 
登り窯の中で7〜10日かけて焼かれる器は薪の灰が降りかかり
それが溶けて釉薬となり 土の温もりと共にえもいわれぬ奥深い表情を表す・・・

11:00頃到着して お茶を頂きながら 090209_1218~01.JPG
さて・・・何造ろうかな〜〜〜とまだ考えている(笑)
着物は襷掛けにしていよいよ作陶開始exclamation×2
土を練りイメージに沿って仕上げていきます
これがね〜下手なもんでなかなか思うようには・・・あせあせ(飛び散る汗)
それでもなんとか使える器にしようと頑張ります・・・あせあせ(飛び散る汗)
ここではいつも好きに作らせて頂いてますわーい(嬉しい顔)
勿論最初は う〜ん・・・って時には教えて頂いてましたけどねw


090209_1535~02.JPG 090209_1536~01.JPG 090209_1535~01.JPG
師匠(窯主)が造ってる作品を参考にさせて頂いたり、
常日頃から陶器の作品展を見たり、食器販売店なんかも見たり楽しいですね
ましてや酒好きのごんべ 自分で造った酒器で一杯やるのはサイコーですわーい(嬉しい顔)揺れるハート
ぐい呑みは必ず造る一品です その時その時の気分で毎回違うぐい呑みが出来まするんるん

今回は片口、熱燗用のぐい呑み、普通のぐい呑み、ビールグラスの四点を造りました
090209_1531~01.JPG

それと家で造っておいた抹茶茶碗とお皿の二点を持ち込みるんるん
090209_1531~02.JPG

以上六点を登り窯で焼いていただきます〜〜わーい(嬉しい顔)

無事に焼き上がるといいな〜 
できればいい景色が出るといいな〜    
窯神様、師匠、お願いしますよーるんるん
 
posted by ごんべ at 23:33| Comment(6) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月11日

密かな決意…

コードは流石に忘れてないけど・・・
楽譜のるんるんが拾えなくなってるなぁ・・・

あの頃に戻って
またちょっと復活してみよっかな?
一日一曲・・・弾いてみよあせあせ(飛び散る汗)    ・・・出来る範囲でかまわないからあせあせ(飛び散る汗)

090211_2340~01.JPG
posted by ごんべ at 23:57| Comment(4) | TrackBack(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月13日

半衿

襦袢に付いている衿・・・半衿(はんえり)といいますが
これは付け替えが出来るんですよね
考えてみればなんとも合理的な物ですねー
仕事の時に着ているカッターシャツにしてもそうですが
首周りってのが汗や脂汚れが酷くて磨り減り易く一番先にダメになりやすい箇所なんですよ
それが付け替える事が出来るってのは襦袢をより長く着る事が出来るって事るんるん
ましてや湿度が高く汗をかきやすいこの日本・・・素晴らしい知恵だと思いますわーい(嬉しい顔)

半衿とか正直に言って あまり詳しくは無いんですが・・・
色、無地、柄物・・・自分のお気に入りで良いし、素材も木綿から麻、絹となんでも良いのでは?
以前に半衿にしようと良よさそうな色、柄の手拭いを見つけたのですが
なんか勿体無くなってそのまま手拭として使ってるごんべです (^_^;
先日デパートで呉服展があったので覗いてみると 良さそうなハギレが沢山あって
いろいろ物色していたごんべです  結局買わなかったけど (^_^; 

090213_0003~01.JPG 大きさは襦袢の共衿という所の大きさに合わせれば良いので
 その大きさにもよりますが
 ごんべの場合だと折しろいれても
 13×105cm以上のハギレでOKです
 そのハギレを共衿に縫い付けていけば良いだけですから
 簡単るんるん簡単るんるん
        口で言うは易し 行うは難し・・・・・  あせあせ(飛び散る汗)

これまで2〜3度付け替えた事はあるのですが・・・なにぶん裁縫というのは
小学生の時に家庭科で習ったくらいの事しか無いですし
まぁボタン付けくらいならなんとか出来るというくらいのスキルしかありませんもので・・・あせあせ(飛び散る汗)
付け方をネットで調べてみたのですが 結局は付いてて取れにゃあええんじゃろ〜
・・・というまったくの我流でして 
皆様にこうやって付けるんですよ・・・とは恥ずかしくてとても教えられませんあせあせ(飛び散る汗) 
昨夜も先日半衿を外して洗ったので付け替えを久しぶりにやってみました

まずアイロンでシワを伸ばして・・・
共衿の大きさに合わせて折しろを折って・・・(この時スプレー糊使うと楽w)
共衿の中心と半衿の中心をマチ針で留めて・・・
縫い針に糸を通し・・・通し・・・通らないふらふら  なんとか通してあせあせ(飛び散る汗)
まずは外側の半衿からチマチマと縫い始めます
半衿の縫い目は普通は・・・おそらくは・・・着物を着ていたら見えない箇所になるはずですが
外側はもしかしたら見えるかも?haneri.GIF
という感じもしますので 普通の波縫いでなくて
なるべく見える側の糸は出さないでおくように(右の図参照)
更に半衿の色と合わせるようにしてみます
半衿の裏から縫って折り返すというのも
以前やってみたんですが ドコを縫ってるのか
さっぱり分からなくなるのでやめました(^_^;
外側はなるべくキレイに・・・
んで内側はどうせ見えないので付いてればいいや〜くらいでw
チマチマと縫いましたが・・・・
いかんせんヘタなもんで時間がかかり過ぎ〜〜〜もうやだ〜(悲しい顔)
1時間半かかってしまう・・・あせあせ(飛び散る汗)
それがなんか悔しかったので もう一回チャレンジ〜〜あせあせ(飛び散る汗)
やっぱ1時間・・・・・たらーっ(汗)
せめて・・・せめて30分くらいで付けれるようになりたいよお〜〜〜〜〜もうやだ〜(悲しい顔)
裁縫が得意な方・・・ なにかコツありますかねぇあせあせ(飛び散る汗)

両面テープで貼り付けるとか・・・ ホッチキスで留めるとか・・・ 
聞いた事はありますが そういうのは無しにして手早く縫えるスキルが欲しいですたらーっ(汗)

090213_0001~01.JPG
とりあえずなんとか付いてマスあせあせ(飛び散る汗)
posted by ごんべ at 01:33| Comment(12) | TrackBack(0) | 着物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月17日

オーバーホール

温かくなったと思ったら晴れ
次週はまた真冬の気温に戻ると天気予報・・・雪

休日の月曜日・・・ フキノトウでも採りに行こうと思ってたんだけど体調がイマイチあせあせ(飛び散る汗)
夕方ふと思い立った・・・寒くなるんなら今のうちに2〜3日かけて自転車の整備しとこるんるん

090216_1735~01.JPG
あっというまにバラバラ〜 これをさらにパーツ毎にバラバラにしていきます

090216_1845~01.JPG 特にベアリング部などのグリスアップや
 ホイールの振れ スポークのテンションなど微調整
 日頃手にかけにくい場所を重点に・・・

 リアの変速機は内装式になっております
 内装式をバラすのは初めてなんでちょいと手間がかかりましたあせあせ(飛び散る汗)
 いや・・・組み立てるのに仕組みが理解できてないと
 ちゃんと作動しないし・・・あせあせ(飛び散る汗)
手がグリスでベタベタなんで内装式変速機の解体シーンの画像は無しですたらーっ(汗)

なんやかんやで各所のグリスアップ完了です 今度はパーツ毎に磨きあげていきますわーい(嬉しい顔)
以前は研磨剤を使ってバフ仕上げまでしていたのですが・・・
今回さすがにそこまではしませんあせあせ(飛び散る汗)それでもこびりついた油等を取り除くと気持ち良いですねわーい(嬉しい顔)
090216_2012~01.JPG 090216_2131~01.JPG 090216_2116~01.JPG
シングルモルトを片手に磨きます こういうのは楽しみながらやらないとたいぎいけぇねるんるん
まあ・・・油の匂いが鼻につくのはご愛嬌という事で・・・わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)
フレームもちゃんと磨いて・・・ってキズだらけだなあ〜たらーっ(汗)

・・・で、2〜3日かけて ゆっくり仕上げようと思っていたんですが・・・
気がつけば組みあがっちゃいましたわーい(嬉しい顔)
 
090217_0049~01.JPG
うんうんキレイになったよるんるん カッコいいよるんるん これからもヨロシクねわーい(嬉しい顔)
posted by ごんべ at 00:40| Comment(4) | TrackBack(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月18日

木綿展の感想BLOGを読んで…

うらやましい〜〜ったら ありゃあしないたらーっ(汗)

2009年2月11日(水)〜16日(月)
『染織こだまの木綿展〜みやざき発信 ふだん着の着物〜』
相互リンクさせて頂いております はすのやにっきの染織こだまさんが催された木綿展
無事終了されたようで お疲れさまでした

・・・で、昨日の17日 はすのやさんのBLOGにご感想編のリンクが張ってありましたので
皆様のBLOG 全て見させて頂きました 読ませて頂きました 
次項有http://ameblo.jp/hasunoya/entry-10210067047.html

うらやまし〜〜〜   こういうの広島の呉服屋さんでもしてくんないかな〜〜〜
普段着着物ばんざい〜!のごんべとしては見ていると もうヨダレもんでございますょたらーっ(汗)
飲み会があったりするのもかなり羨ましかったりするし (^_^;
でも東京でしょ・・・ 往復するだけで一着誂えますがなあせあせ(飛び散る汗)

ほいじゃけど うらやましいという反面 
木綿好きな方も大勢いらっしゃるんだな〜〜と
嬉しかったりするごんべですわーい(嬉しい顔)
皆さんのBLOG読みながら そうそう! うんうん! と頷いておりましたるんるん
それだけに・・・うらやましい〜〜〜〜〜〜〜〜〜・・・・・のですよあせあせ(飛び散る汗)
木綿の反物なんて 滅多お目にかかる事もないですしねたらーっ(汗)

こういった催しで木綿着物愛好者が増えてくださると良いな〜 木綿の肌触り大好きですもん

              着物の人が増えますように。 わーい(嬉しい顔)
posted by ごんべ at 16:08| Comment(8) | TrackBack(0) | PCサイト紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月19日

鞆・町並ひな祭り

江戸の時代・・・潮待ちの港として知られ、多くの人々が行き交った港町だそうで・・・
広島県の東部 福山市の南に位置する鞆町 
鞆の浦の「浦」とは入り江の事を指し 鞆の浦とは正確には鞆の漁港の事をいうんだそうです

広島に住んでいるのでかな〜り前から知っており
景観が素晴らしいとの事で行ってみたいな〜と思って もう20年以上? (^_^;
しかも着物が良く似合う古い街並なので尚のことなのだが・・・
近いのでいつでも行けるな〜って思うとついつい先延ばしになってますあせあせ(飛び散る汗)

最近では宮崎駿監督が「崖の上のポニョ」の構想を練ったとされ
昔には坂本竜馬の「いろは丸事件」としても有名な場所でもありますね
ついでをいうと瀬戸内海国立公園として
日本で最初に国立公園に指定された地域の一つとの事です


普通であれば「着物deおでかけ」のカテゴリーで
行ってきました〜〜って写真のっけてBLOGネタにしたいところなんですが・・・
今度のお休みは天気予報によると雨のようだし・・・雨
その次の月曜日は用事があっていけないし・・・ふらふら
なので今回のBLOGネタにする事にしましたあせあせ(飛び散る汗)


・・・というのもchirasi1.jpg
今日2月19日から3月22日まで(メイン期間は2/26〜3/8との事)
第7回鞆・町並ひな祭りが開催されるので
着物好きな皆様にせめて情報提供でも・・・と思いましてあせあせ(飛び散る汗)
鞆の浦の町内60カ所に、江戸時代の雛や押し絵雛、
流し雛や立雛など、様々な雛飾りが展示さるそうですよ
また、着物を持っていない方にもレンタル着物が用意されているみたいですよ
鞆・町並ひな祭りはこちら
次項有http://www.tomo-rekimin.org/7th_hinamaturi.html
レンタル着物に関してはこちら
次項有http://www.tomonoura.co.jp/tomo/event/20090209-2.html


更に3月1日(日)には きもの日和★TOMOのイベントがあるようでして
これも日曜なんでごんべは参加できませんが
備後絣・渋谷産業の社長が事務局でやっていらっしゃるのでちょいとこっそりとサポートw
次項有http://4bu8.net/U_KimonoTom3.pdf

あ〜ごんべも備後絣を着て竜馬風に袴にブーツのいでたちで
カメラ持って参加したいとこなんですが・・・残念もうやだ〜(悲しい顔)
でも架橋問題も騒がれている事ですし・・・近いうちに行ってみたいですね
・・・っていうか行きますよ絶対るんるん
その時はまた 当BLOGにてUPさせて頂きまーす手(チョキ)わーい(嬉しい顔)



瀬戸内海国立公園 鞆の浦・仙酔島HP
次項有http://www.tomonoura.co.jp/index.html
posted by ごんべ at 01:12| Comment(6) | TrackBack(0) | ごんべのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月20日

竹原 町並み雛めぐり

昨日 鞆の浦の雛祭りをご紹介させて頂きましたが
それを調べている最中に偶然竹原でも雛祭りが催される事を発見いたしました(^_^;

安芸の小京都 竹原・・・ この街には何度か着物で訪れておりますpost01.jpg
落ち着いた町並みは着物がとても似合います
そういえば先日 大林宣彦監督の「時をかける少女」をみましたが
あ〜竹原の町並みだ〜exclamation&question ・・・と、今更ながら知りましたあせあせ(飛び散る汗)


・・・で、話を戻しますが
たけはら 町並み 雛めぐり 2/14〜3/15
町並み保存地区一帯で行われるようですね
次項有http://www.takeharakankou.jp/event/hinamaturi/

そしてレンタル着物も用意されておりますよ〜
この機会に着物デビューしてみてはいかがですか?わーい(嬉しい顔)
男性用は・・・・あるのかな?あせあせ(飛び散る汗)
hinamap20091.jpg
イベントチラシはこちら(pdf)
次項有http://www.takeharakankou.jp/event/hinamaturi/img/hinamap2009.pdf

おっ?なになに?着物特典もあるみたいですね
ひらめき「江戸そば遊山」 「竹の茶屋いっぷく」 「のんびり亭」では和服でご来店の方1割引き
ひらめき着物でご来場の方は文化4施設の入館料金無料

土曜日曜には色々なイベントも行われるみたいですね〜 土日は行けないけど・・・ごんべたらーっ(汗)
3/1の造り酒屋の甘酒いいな〜 しかも竹鶴酒造さん藤井酒造さんさんだあ〜〜〜

ちなみにごんべ3月2日には竹原行きます〜w
第4回 たけはらの食とお酒の学校があるんです
その時にちょいとぶらついてみようかな?




 BLOG内竹原関連記事 
マリンビューで行く竹原
江戸そば 遊山
茶房 ゆかり
第3回 たけはらの食とお酒の学校
posted by ごんべ at 00:42| Comment(2) | TrackBack(0) | ごんべのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月21日

和えん

昨日・・・ブログ村から飛んで来られた登夢さんコメント
普段着物のお店が広島にOPENしたという素敵な情報を頂いたので
仕事の帰りに早速行って参りました だって・・・帰り道の途中にあるんですもん(笑)

090220_2003~02.JPG 南区の段原にある 広島サティ
 立体駐車場の2階に車を止めて
 店内に入ったすぐそこにお店はありました

 2月11日にOPENしたばかりの
 普段着着物のSHOP
 見させて頂いておりますとお声をかけて頂きまして 
 1時間くらい色々と話をさせていただきました 

お店はOPENなスペースで外からも良く見れるし気軽に入る事ができ
呉服屋さんという固いイメージはまったくありませんね
普通に洋服を気軽に見るという感じで入れるお店です
090220_2009~01.JPG 090220_2004~01.JPG 090220_2002~02.JPG
着物をカジュアルな雰囲気で着て楽しみましょう〜というコンセプトが伺えます
アクセサリーなどの小物類も色々とありますね〜
090221_1033~01.JPG
こういう言い方をすると語弊があるかもしれませんが
今から着物を着てみたいという
初心者向けのお店という感じに見受けました
今、こういうお店が必要なんだと思います
着物に興味があるけれど 何をどうしていいのか分からない・・・
呉服屋にいくのも 分からないまま高価な物を買わされそうだし・・・
やっぱり着物とは縁が無いんだ・・・
そう諦めていらっしゃる方がどれだけいることか・・・
更に嬉しい事に1コイン着付教室なるものを行っていらっしゃるようで
1回500円で着物の着方を教えて頂けるみたいですよ

着物を着てみたいけど 呉服屋さんには行きにくいし 着物は高くて買えない 
着方もわからないし 着付け教室に行かなくちゃいけないし 着ていく場所も無い・・・
そういう着物に興味を持たれた方が必ず?抱く疑問を一挙に解決してくれそうなお店です


取り扱い商品も手軽に洗えて手頃な価格の化繊物が中心となっており
お財布に優しいリサイクル品も取り扱っていらっしゃいます
090220_2003~01.JPG 090220_2006~01.JPG 090220_2005~01.JPG
クヨクヨ考えずに まずは着物を着てみましょう〜 そんな言葉が聞こえてきそうですわーい(嬉しい顔)

そういえばごんべもオークションで買ったポリエステルの着物が始まりだったな〜
10000円で落札した着物 とりあえず着てみて気に入らなきゃ止めりゃあええじゃん
そう思って買ったのが2年前ですもんね お試し価格10000円ならそんな高くないしな〜と
それが今や・・・・   (^_^;


取り扱っているのは 今は化繊物がメイン商品ではありますが
いずれは木綿やウール、紬なども取り扱っていきたいと前向きな店長のお言葉を聞きました
お店も始まったばかりだし 店内はいろいろ工夫しながら手作りでやっているようです
工夫といえば・・・色々とイベントを計画しては実行されているようですね
ギャラリースペースがあって展示をされていたり
なんでもOPEN時には日本髪結い生実演をされたそうですよ!
今後も実演会や勉強会も色々と準備されているようです
090220_2007~01.JPG 090220_2007~02.JPG 090220_2007~03.JPG
ほお〜なかなか楽しそうな事をされてますね〜
色々と話をしていく内にmixiにコミュニティがある事や(コミュ名:きものdeえんJOY広島)
今度そのコミュでイベントをするという事や
昨年のひろしまきもの遊びのクリスマスパーティにも参加されてたとの事
ありゃま こりゃビックリ☆ 気が付きませんでしたあせあせ(飛び散る汗)
なんだか どっかで繋がりあるんだな〜〜〜と (笑)


090220_2007~04.JPG ギャラリースペースでは
 現在「赤の美学」なるものをやっていらっしゃいました
 約2週間毎くらいで
 テーマを変えてやっていく予定だそうです 
 
 いやいや 通勤路になかなか楽しいお店が出来ましたわーい(嬉しい顔)
 着物着てみたいなあ〜と思われている方
 一度 訪れてみては如何です?
 気さくなスタッフの方が親切に教えてくださいますよ手(チョキ)

残念ながら今の段階では男物の着物類はありませんでしたが
今後はヨロシク〜と店長さんにお願いしときました わーい(嬉しい顔)



 090220_2004~02.JPG
 和えんQR_Code.jpg
 広島市南区段原南1-3-52 広島サティ2F
 電話082-568-8166  fax to082-568-8101
 
ケイタイでも見れるHP次項有http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=waenn



ひらめききものdeえんJOY倶楽部 会員募集中るんるん
  ・入会当日のお買い物が5%OFF
  ・毎月”0”の付く日は5%OFF(毎月10日20日30日)
  ・着付け無料
  ・簡単帯結び 無料講習
  ・誕生日の月に来店された方には特典あり!
  ・「きものdeえんJOY」、「きもので探検隊」の情報をいち早くお知らせ!!(優先的に参加できます)
  ・メール会員の方には最新情報をお知らせ!!(特典がアルかも・・・)

                     詳しくは和えんにてわーい(嬉しい顔)


090220_2020~01.JPG090221_1034~01.JPG
 右 織田店長
 左 福島さん

 
3人の女性スタッフでやってます
 気軽に遊びに来てください〜
揺れるハート
 この日は星野さんお休みでしたあせあせ(飛び散る汗)

.
posted by ごんべ at 00:28| Comment(10) | TrackBack(0) | SHOP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月25日

ご縁

5JPY.jpg

いや・・・五円です (^_^;

しかしながら 「ご縁」と「五円」をかけて縁起が良いとして
お賽銭などに使う事がありますよね?
四十五円だと 「始終ご縁」がある・・・なんてねわーい(嬉しい顔)
ちなみに10円だと「遠縁」として縁が遠くなるっていいますね (^_^;

この五円硬貨
素材は黄銅(銅と亜鉛の合金)
重さ3.75g(1匁) つまり昔の一文銭と同じ重さだそうです
そしてデザイン
稲穂、水面、歯車、双葉(裏面)
これはそれぞれ
農業、水産業、工業、林業と日本の産業を表しており
数字も日本の硬貨で唯一 漢数字しか使われていません
そして金色は黄金の国ジパングですよね〜 ←これはごんべが勝手に思ってるだけですあせあせ(飛び散る汗)

これはまさに日本を代表する硬貨ではないですかあ〜〜
それに穴あきの硬貨っていうのは世界的にも珍しい物ではあるし
五円玉って・・・もしかしてスゴイ? なんて思ってしまいました (^_^;

・・・で、実は昨年のいつ頃だったか忘れたんですが
自分の生まれた年の五円硬貨ってないかなぁ〜〜?
ン十年前の発行だからなぁ〜 見つかるかなぁ〜〜と
買い物でお釣りを貰うたびに気にかけていたのですが・・・

一昨日とうとうゲットしました ( ̄▽ ̄)ノ_彡☆ばんばん

たかが五円玉 されど五円玉 
なんとなく嬉しかったんでちょいとBLOGネタにしてみました (^_^;






ちなみに・・・1957年(昭和32年)製の五円玉は希少価値があるそうですよ
今度はこの五円玉に気をつけてみよっとるんるん
posted by ごんべ at 00:41| Comment(10) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月27日

足袋

足袋(たび)とは日本固有の伝統的な衣類で、足に履く一種の下着である。
木綿の布でできたものが一般的。日本の伝統的な履物である
下駄・雪駄などを履く際に用いるため、
親指と人差し指の部分で袋が2つに分かれている(叉割れ)。
丈夫な生地で作られた本体にゴム底を貼り付け、
直接屋外で履く事ができるようにした地下足袋(じかたび)と呼ばれる足袋もある。
現在、日本で生産されている足袋の約80%が埼玉県行田市で製造されているが、
17世紀の初期頃から藩財政を助けるための産業として
足袋の生産が奨励されたことに起源をもつ。他生産地は四国徳島県が有名。
             - Wikipediaより抜粋 -

実は・・・結構困っているのが・・・足袋なんですあせあせ(飛び散る汗)
男性用と女性用では足型が違うんで 男女共用ですと売ってあるのは信用できないし・・・ふらふら
取り扱いの少ない男着物で 更に取り扱いが少ないのが足袋なんですよ・・・たらーっ(汗)
いやいやいや・・・ホントどこで買ったらいいんだexclamation&question

今使ってる足袋は男性用だし価格も安いんですけど 直ぐに擦り切れてしまう・・・
安いから寿命が短いのかどうか分からないけど
良い足袋はフィット感が全然違うという話もあちこちで聞くので
そういう足袋を履いてみたいな〜 ・・・と

まあ白足袋や黒足袋であれば有名メーカーの足袋を購入できそうだけど
カジュアル感覚で着物を着ているので
色物が好きだったりするごんべです (^_^; 
柄物は着物に合わせるのが難しいのでパス (^_^;
ポリエステルは蒸れそうなのでパス (^_^;
伸びるタイプはパス やはりピシっと締まりがないとね (^_^;


                             ・・・ドコで買えばいいんだexclamation&question    あせあせ(飛び散る汗)
posted by ごんべ at 00:48| Comment(4) | TrackBack(0) | 着物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。